fc2ブログ
携帯アクセス解析
2008.02.24

The Georgian Club ザ・ジョージアン・クラブ 六本木(閉店)

 
The Georgian Club ザ・ジョージアン・クラブ 六本木 ※2008年3月7日閉店

  住所:東京都港区西麻布1-6-4
  電話:03-5412-7177

英国ジョージ王朝様式の白亜の館でいただく、最高級フランス料理


住宅街に突如として現れる屋敷
夜はライトアップされているので
そういう雰囲気満載

最近はグランメゾンでも珍しい
ジャケット&タイのドレスコードあり

 

 

入って右手にウェイティングルーム
映画に出てくる書斎のよう

案外狭く
5人も入ればいっぱい


扉を開けると目の前にシャンデリア
そして下へ続く螺旋階段

トイレは1階にあるので
行くたびにこの階段を
上がらなくてはならない


壁にはこれでもかというほど
多数の絵が飾ってある

灯りがシャンデリアと
テーブルに1本だけ置いてある
イミテーションキャンドルなので
かなり暗くて写りが悪い


今回は17,000円のコース

お酒は赤ワイン1本
食前酒は友達がウェイティングで
飲んだミモザのみ

私はもちろん炭酸水


パン

2,3種類持ってきてくれるので
好きなのを選ぶ

ちょっと酸味があって
濃い料理には良い感じ


食前のお楽しみ


タスマニア島産
フレッシュサーモンのグリエ

柑橘類のドレッシングで


付け合せは
アボカドのグァカモーレとクーリー
セヴリューガキャビア
鮑とトマトのキューブ
ラングスティーヌのマリネ




この時点で7分目程だが
気付かないフリをする


口直し

ベルノー酒とライムで
香りを付けたグラニテ

香草系の味が苦手だった


北海道産 蝦夷鹿ロースのロティ

パルメザンを加えたポレンタ
薩摩芋のポワレ 茸のフリカッセ添え
泡立てた栗のクリームと
ポワプラードソース


チーズはワゴンで持ってきてくれる

「とりあえず全部」と
言いたい気持ちを抑える


パンは2種類


ブリーとロックフォール

白カビと青カビの
スタンダードなものを1種類づつ

一緒にイチジク、蜂蜜、ジャム
なども選ぶことができる


小さなアヴァンデセール

里芋のようなのは
小さなシュークリーム

スプーンには一口サイズの
濃い蜜柑アイス


ワゴンデザートも
「全部くれ」と言いたかったが無理

モンブラン、フルーツタルト
ストロベリーケーキ
フォンダンショコラのみ


コーヒーとプティフール

ちなみにこれの前に
葉巻ケースのようなものに入った
チョコレートも選べる

いったいどれだけ食わせれば
気が済むんだこの店は

ミシュランの1ッ星を獲得していたが、3月7日をもって閉店

5月からは営業譲渡された株式会社ひらまつが経営・運営する
オーベルジュ・ド・リル トーキョーをオープンすることになる

スタッフは厨房、予約係、ホールとそれぞれ一人ずつ残るが
全てひらまつ方式となるため、雰囲気は全く変わりそうな予感


2月中旬に訪れたが、閉店まではランチもディーナーも予約で満席とのこと

ワインを飲めないオーナーの意向で
高級ワインも閉店セール価格で提供されている

この日の会計は3人で84,000円
 コース 17,000×3
 ミモザ 2,100×1
 水 600×3
 赤ワイン 20,000×1
 上記内税に+サービス税12%


私は飲んでないので20,000円の支払い

それにしても一食にこんな大金を支払うなんて
頭がおかしいとしか考えられないよ、と思いつつ

本当に
幸せな一日でした


【リンク】
  オフィシャルHP
  ぐるなび
  食べログ


ベスト・ピアノ100
  
この記事へのトラックバックURL
http://nobiko9.blog37.fc2.com/tb.php/174-40b37143
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する